利用規約

umamill利用規約

第1条(総則)

本規約は、SBイノベンチャー株式会社(以下「当社」といいます。 )が「Umamill」の名称で提供する輸出⽀援プラットフォームサービス(以下「本サービス」と いいます。 ) の利⽤条件等について規定するものであり、本サービスを利⽤する者すべてに適⽤されます。 なお、本サービスを利⽤する者は、本サービスを利⽤し た時点で、 本規約に同意したものとみなされます。

第2条(定義)

本規約における用語の定義は次の通りとします。

(1)「利⽤者」とは、当社所定の⼿続きに従い、本規約及び当社が別途定める規定に同意の上、本サービスの利⽤申込みをした者で、かつ、当社がそれを認めて利⽤者登録した事業者をいいます。

(2)「農作物等」とは、農産物、畜産物及び⽔産物並びにこれらの加⼯品をいいます。

(3)「商品」とは、当社の承諾を得た上で、本サービスにおいて取引の対象とされる農作物等をいいます。

(4)「試⾷品」とは、商品のうち、有償⼜は無償で提供されるサンプル品をいいます。

(5)「⽣産者」とは、利⽤者のうち、本サービスを通じて商品の販売⼜は提供を⾏う⽇本国内の事業者をいいます。

(6)「国内商社」とは、利⽤者のうち、本サービスを通じて成⽴した契約⼜は取引に基づき、商品の買付け⼜は譲受け並びに商品の現地商社に対する輸出及びこれ に関連する貿易事務を⾏う⽇本国内の事業者をいいます。

(7)「現地商社」とは、利⽤者のうち、本サービスを通じて、国内商社から、⾃⼰⼜は現地事業者のために商品の輸⼊を⾏う⽇本国外の事業者をいいます。

(8)「現地事業者」とは、利⽤者のうち、現地商社を通じて、商品の購⼊を⾏い、⼜は提供を受ける⽇本国外の事業者をいいます。

(9)「利⽤者ID」とは、本サービスの利⽤者登録時に当社が付与し、⼜は利⽤者が設定する英数字若しくは記号⼜はそれらを組合せたものをいいます。

(10)「パスワード」とは、本サービスの利⽤申込み時に利⽤者が設定する英数字若しくは記号⼜はそれらを組合せたものをいいます。

(11)「関連契約等」とは、契約書、覚書、合意書その他名称の如何を問わず、本サービスに関連して当社及び利⽤者との間で締結される契約をいいます。

第3条(利用者登録)

1. 本サービスの利⽤申込みは、当社所定の⼿続きに従って⾏うものとします。

2. 利⽤申込みは、利⽤者として登録されることを希望する者本⼈のみが⾏うことができます。

第4条(利⽤者情報の変更)

1. 利⽤者は、当社に届け出た⽒名・名称・住所・所在地・電話番号等の情報について変更があった場合には、当社所定の⽅法により遅滞なく当社に届け出るもの とします。

2. 前項の届出の遅滞⼜は届出がなされないことにより⽣じた不利益その他の損害は、すべて利⽤者の負担となります。

第5条(利⽤者登録の拒否)

当社は、次のいずれかに該当する者(法⼈においては、その代表者、役員⼜は実質的に経営を⽀配する者が該当する場合を含みます。 )から利⽤申込みを受けた場 合、利⽤者登録を拒否できるものとします。

(1)利⽤申込みにおいて虚偽の事項を届け出た者

(2)過去に、⾃⼰の責に帰すべき事由により本サービスの利⽤者登録を取り消されたことがある者⼜は当社が提供する他のサービスについて利⽤者登録等が抹消されたことがある者

(3)暴⼒団員、暴⼒団関係者その他の反社会的勢⼒に属する者⼜はその合理的な疑いがあると認められる者

(4)その他当社が本サービスの利⽤を認めることが不適切であると判断する者

第6条(利⽤者登録の取消し)

1. 利⽤者は、当社所定の⼿続きを⾏うことにより、いつでも利⽤者登録の取消しの申請を⾏うことができます。 当社は、申請を受けた場合、すみやかにこれに 応じるものとし、利⽤者は、当社が利⽤者登録を取り消した時点で、本サービスの利⽤ができなくなります。

2. 前項にかかわらず、利⽤者(法⼈においては、その代表者、役員⼜は実質的に経営を⽀配する者を含みます。 )が次のいずれかに該当する場合、当社の判断に より、利⽤者登録を取り消すことができるものとします。 この場合、当社は、事前の通知⼜は催告を要せず、利⽤者に本サービスの利⽤を直ちに中⽌させること ができるものとします。

(1)利⽤申込みの際に届け出た事項が事実と異なる場合(届出時においては事実と合致していたが、その後変更があった場合において、当社に対する変更の届出が合理的な期間内になされない場合を 含みます。)

(2)利⽤者がその責に帰すべき事由により、過去に本サービスの利⽤者登録を取り消されたことが判明した場合⼜は当社が提供する他のサービスについて利⽤者登録等を抹消された場合若しくは過去 に抹消されたことが判明した場合

(3)暴⼒団員、暴⼒団関係者その他の反社会的勢⼒に属していること⼜は過去5年以内に属していたことが判明した場合

(4)本規約・関連契約等に違反した場合

(5)その他前各号に準ずる⾏為があり、当社が利⽤者として不適格と判断した場合

第7条(パスワードの管理等)

1. 利⽤者は、パスワードを他⼈に知られないように善良な管理者の注意をもって管理するものとします。

2. 利⽤者は、利⽤者ID及びパスワード等を第三者に利⽤、貸与、譲渡、売買⼜は質⼊等することはできないものとします。

3. 利⽤者は、パスワードを⾃⼰の責任において厳重に管理し、第三者への漏洩を防ぐものとします。 パスワードの漏洩、不正使⽤等を原因として⽣じた不利益⼜ は損害について、当社は、⼀切責任を負わないものとします。

4. 利⽤者は、パスワードを忘れた場合⼜は利⽤者ID及びパスワードが第三者に使⽤されたことが判明した場合には、直ちに当社に連絡の上、当社の指⽰に従う ものとします。

第8条(利⽤料等)

関連契約等⼜は本サービスを通じて利⽤者間に成⽴した個別の契約その他の合意に対価の定めがある場合は、当該対価の⽀払いが必要になります。

第9条(本サービスの内容)

1. 本サービスは、利⽤者に対し、商品に関する次の各号に掲げる取引の機会を提供します。 ただし、利⽤者間においてこれらの取引に関する契約が成⽴すること を保証するものではありません。

(1)現地商社と国内商社の間における商品に関する取引

(2)国内商社と⽣産者との間における商品に関する取引

(3)その他前各号に付随関連する取引

2. 利⽤者は、前項の取引に関連して、相互に、本サービスのメッセージ機能を⽤いて、⼀定の情報に関するメッセージの交換を⾏うことができます。

第10条(個別契約の成⽴)

前条第1項第1号及び第2号の取引に関する契約(以下、前条第1項第1号の取引に関する契約を「1号契約」といい、前条第1項第2号の取引に関する契約を「2号 契約」といい、1号契約及び2号契約を総称して「個別契約」といいます。 )の内容は、本サービス上の機能を⽤いて個別に定めることが想定されている事項を 除き、別途定める約款により定められるものとします。 ただし、利⽤者間で別途合意した場合はこの限りでありません。

2. 1号契約は、現地商社が、国内商社に対して、本サービス上の機能を⽤いて商品の注⽂を⾏い、国内商社がこれを承諾することにより成⽴するものとします。 ただし、国内商社による承諾は、次項に従って⽣産者の承諾を得た上で⾏うものとします。

3. 2号契約は、現地商社から注⽂を受けた国内商社が、⽣産者に対して、本サービス上の機能を⽤いて当該注⽂に準ずる内容の注⽂を⾏い、⽣産者がこれを承諾 することにより成⽴するものとします。

4. 当社は、個別契約の当事者とならず、利⽤者は、すべて⾃⼰の責任のもとで個別契約の締結及び当該個別契約にかかる義務の遂⾏をするものとします。 なお、 ⽣産者は、2号契約で合意した商品以外の農作物等を梱包して商品の発送を⾏ってはなりません。